仕事で楽しいと感じるとき
看護師は患者さんと関わる機会が最も多い

病院では数多くのコメディカルスタッフが働いていますが、看護師はその中で患者さんと関わる機会が最も多い職業です。
日々関わっていく中で、点滴が取れた、ご飯を食べられなかった人が食べられるようになった、長い治療で寝たきりとなっていた人が歩けるようになったといった、元気になっていく姿を一番近くで見られることが、看護師の楽しいところだと思います。

先輩メッセージ写真
先輩メッセージ写真
安心して元の生活ができるように

しかし、必ずしも患者さんや家族の希望通りに退院できるとは限りません。ADLの低下により介護が必要な状態になったり、医療処置が必要不可欠になったりする場合もあります。
地域包括ケア病棟ではそのような場合でも、可能な限り患者さんや家族の希望が形になるように、チームで最適な方法を考え、サービスの調整や、自宅での介護・医療処置の指導などを行います。
退院調整をして安心して元の生活ができるようになることが何より嬉しく、やりがいを感じることでもあります。
これからも患者さんの想いに寄り添い、支えることができるような看護師になれるよう精進していきたいと思います。

ページのトップへ