当院について

済生会小史

明治44年2月11日、明治天皇は、時の総理大臣桂太郎を召されて「恵まれない人々のために施薬救療による済生の道を広めるように」との済生勅語に添えてお手元金150万円を下賜された。

桂総理はこの御下賜金を基金として全国の官民から寄付金を募って同年5月30日恩賜財団済生会を創立した。

以来今日まで107年、社会経済情勢の変化に伴い、存廃の窮地を乗り越えるなど幾多の変遷を経ながらも、本会は創立の精神を引き継いで保健・医療・福祉の充実・発展に必要な諸事業に取り組んできた。

戦後、昭和26年に公的医療機関の指定、同27年に社会福祉法人の認可を受け、現在、社会福祉法人 恩賜財団済生会となっている。

すべてのいのちの虹になりたい

済生会は、明治天皇が医療によって生活困窮者を救済しようと明治44(1911)年に設立しました。
100年以上にわたる活動をふまえ、今、次の三つの目標を掲げ、日本最大の社会福祉法人として全職員約59,000人が40都道府県で医療・保健・福祉活動を展開しています。

すべてのいのちの虹になりたい

●生活困窮者を(すく)う

●医療で地域の(いのち)を守る

●医療と福祉、(かい)を挙げて切れ目のないサービスを提供


病、老い、障害、境遇......悩むすべてのいのちの虹になりたい。

済生会はそう願って、いのちに寄り添い続けます。

済生会の活動

済生会設立の目的は、生活に困っている人たちを医療の面で救済することです。

聖徳太子以来の無償治療を意味する「施薬救療」を理念として掲げ、大正初期から全国に病院や診療所を開設して無料治療券を配布。スラム街には巡回診療班を派遣するなど困窮者に医薬を届けてきました。

戦後もその活動は続き、生活保護受給者をはじめ経済的に困窮している人たちには、医療費を無料にしたり減額したりする「無料低額診療事業」を行い、28年度は延べ207万人がその対象となりました。

また、日本で唯一の診療船「済生丸」を運航し、小さい島々の多い瀬戸内海で巡回診療を行うなど、離島やへき地へ赴く医療活動も続けています。

さらに近年は、支援の対象を独り暮らしのお年寄りやホームレス、DV被害者、刑務所出所者、外国人など新たな困窮者へも拡充。訪問して診療、健診、予防接種を無料で行う、済生会独自の生活困窮者支援事業「なでしこプラン」を展開し、28年度は延べ16万人に実施しました。

病院 82 障害者福祉施設 8
診療所 17 看護師養成施設 7
介護老人保健施設 30 訪問看護ステーション 58
救護施設 1 地域包括支援センター 27
児童福祉施設 24 地域生活定着支援センター 5
老人福祉施設 122 その他 8
合計 389
職員数は全国で約6万人 本部=東京 支部=40都道府県(平成30年4月1日現在)
総裁  秋篠宮殿下
会長  有馬 朗人
理事長 炭谷 茂

済生会について詳しくはこちら

ページのトップへ