当院について

済生会御所病院 院長 中山正一郎平成27年4月1日付で済生会御所病院院長に就任した中山正一郎です。

当院は昭和12年の設立以来、長年にわたり御所市ならびに近隣地域の中核病院として医療・福祉の重責を担ってきました。時代とともに医療技術が進歩すると同時にますます医療が専門化・細分化の傾向にあり、一つの病院ですべての疾患に対応することが困難な状況になりつつあります。

しかしながら、高齢化の進む地域においてはひとりの患者さんが多くの疾患を合併している場合が少なくありません。地域の皆さまに安全で安心な医療を提供するには各診療科の協力体制の強化や専門性の高い大病院との連携が重要かつ不可欠と考えております。当院では必要に応じて同じ中和保健医療圏である奈良県立医科大学付属病院と密に連携をとり治療にあたっています。

今後とも、地域の急性期病院として救急医療の充実を図るとともに、地域住民の健診や各種がん検診や人間ドッグ・脳ドッグなどの検診事業にも積極的に取り組み、公的病院としての責務を果たしていくつもりです。

また、行政や医師会および近隣の医療機関・介護施設と密に連携をとり地域において医療・介護・福祉の切れ目ないサービスを提供できるよう職員一同が一致団結して努力していく所存です。

『地域の皆さまに信頼される病院』、『温もりのある明るい病院』、を目指して精進してまいりますので、今後とも地域の皆さま・関係者の皆さまのご支援・ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

病院理念
病院は、済生会創設の趣旨をうけて、患者様の心身の健康を回復し、健全な社会生活を営むことができるように、患者様の尊厳を尊重し、最善を尽くし、全人的医療と援助を行います。
病院の方針
病院は、地域の医療需要に応えられる医療体制を整え、地域住民の保健・医療・福祉の充実向上に努めます。
患者様の権利
私たちは患者様中心の医療を行うために次のことを認めます。
 ■すべての人は差別なしに適切な医療を受ける権利があります。
 ■病院や医師を自由に選ぶ権利があります。
 ■十分な説明のもとに適切な治療を受ける権利があります。
 ■人間の尊厳を尊重される権利があります。
 ■プライバシーを尊重される権利があります。

ページのトップへ