◆消防訓練を実施しました。(令和2年3月24日(火))◆

当院では、今年度2度目の消防訓練を3月24日(火)に実施しました。今回は、院内の消火設備の確認、119番の通報訓練に加えて、医療用搬送具を活用した避難訓練を行いました。

火災を含めた災害時には、エレベーターを使用できない場合があります。その際に患者様を安全に避難させるため、当院は簡単で迅速に使用できる医療用搬送具を設置しました。その使用方法を職員に周知するためにも、避難訓練を行いましたが、有事の際には自ら使用しないといけないため、参加者全員が積極的に道具に触れ、搬送を体験しました。職員に対しては、意識と行動力を醸成するため継続して訓練を行います。


消防訓練風景1 消防訓練風景2

◆消防訓練を実施しました。(令和元年12月19日(木))◆

済生会御所病院では、令和元年12月19日(木)に消防訓練を実施しました。
病院では1年に2回、消防訓練の実施が義務付けられており、今年度1回目の消防訓練を御所消防署のご協力のもと実施しました。

御所消防署から防火に関するお話しや消火器の使い方をレクチャーしていただき、改めて防火意識の大切さを学びました。

病院は、常に患者様の安全を守る立場にあることから、職員の誰もが非常時に迅速に対応できるように努めてまいります。


消防訓練風景1 消防訓練風景2
消防訓練風景3 消防訓練風景4

◆今年もクリスマスコンサートを開催しました!(令和元年12月12日(木))◆

済生会御所病院では、令和元年12月12日(木)に1階正面玄関でクリスマスコンサートを開催しました。

当院看護師長のハンドベルによる演奏から始まり、続いて女性コーラスグループのシエナの皆様が「ジングルベル」や「サンタが町にやってくる」などのクリスマスソングや、「リンゴの唄」、「青い山脈」、「学生時代」など懐かしの曲を歌われました。

今年もサンタクロースに扮した院長が登場し、観衆の方々にクリスマスカードを配り会場を盛り上げていました。

会場はクリスマスムードに包まれ、患者様も職員も楽しいひとときを過ごすことができ、一足早いクリスマスを楽しみました。


クリスマスコンサート風景1 クリスマスコンサート風景2
クリスマスコンサート風景3 クリスマスコンサート風景4

◆奈良県立医科大学附属病院との連携に関する申合せを調印(令和元年11月14日(木))◆

奈良県の地域医療構想では、救急医療や高度医療に責任を持って対応する「断らない病院」と、地域包括ケアシステムを支える「面倒見のいい病院」が連携を取り、地域医療を支えていく取組みを目指しています。

奈良県立医科大学附属病院とは、従前から医療連携を行ってきましたが、今般、奈良県立医科大学附属病院の「断らない病院」の機能と、当院の「面倒見のいい病院」の機能を活かして、整形外科において連携をより推進していくことを目的に申合せを行うことになり、11月14日(木)奈良県立医科大学附属病院にて、両院の院長による調印式が実施されました。

当院中山院長から、奈良県立医科大学附属病院古家院長には、「御所市ならびに周辺地域の方が安心できる医療を提供できるよう、今まで以上に連携をお願いしたい。また、今回は整形外科であるが、今後は他科にも広げていきたい」と要請をして、連携について確認を行いました。


奈良県立医科大学附属病院との連携に関する申合せの調印風景1 奈良県立医科大学附属病院との連携に関する申合せの調印風景2

◆なでしこプラン「健康フェア in 食と農のフェスタ」を開催しました!(令和元年11月10日(日))◆

済生会御所病院は、無料低額診療事業をより多くの地域の方に知っていただくために、昨年より地元御所市の協力もいただき、健康に関する地域の方との交流や地域イベントへの参加を積極的に行っています。

今回は、11月10日(日)に地元の葛城公園で催された「食と農のフェスタ」に、健康フェアと題してブースを出展しました。食を主にしたフェスティバルであり、地域の方に食を通じて健康に関心を持っていただけるよう、血管年齢測定、血糖値測定、視力測定、栄養相談を実施し、秋晴れの下、当院ブースには190名と非常に多くの方にお越しいただき、終日賑わいのある健康フェアとなりました。地元御所市だけでなく、周辺地域から来場された方も多く、「御所病院にはなじみはなかったが、一度検査を受けてみたい」とうれしいお言葉もいただきました。

済生会事業の大きな柱である無料低額診療事業を広めるための活動を、これからも職員全員で協力して実施したいと思います。


健康フェア in 食と農のフェスタ風景1 健康フェア in 食と農のフェスタ風景2

◆なでしこプラン「健康フェア in 青垣祭」を開催しました!(令和元年11月2日(土))◆

済生会御所病院では、11月2日(土)に生活困窮者支援事業「なでしこプラン」の一環として、当院の医療圏にある社会福祉法人青垣園で催された「青垣祭」に初めて参加し「健康フェア」を開催しました。

当日は、中山院長のほかスタッフ計15名が、イベントの来場者300名のうち80名の方に、血糖値・血管年齢等の測定や、認知症予防・減塩に関する栄養相談、中山院長による健康相談を実施しました。

参加者からは、「測定結果の年齢が実際の年齢より若かったのでうれしい」、「今後も健康に気をつけた生活を心がけたい」といった感想をいただきました。

今後も「健康フェア」に限らず、地域の病院としてより身近に感じていただくことを目的に様々な行事を行ったり、参加することで、済生会の事業を知っていただく機会も設けたいと考えています。


健康フェア in 青垣祭風景1 健康フェア in 青垣祭風景2
健康フェア in 青垣祭風景3 健康フェア in 青垣祭風景4

◆職場体験学習を実施しました!(令和元年9月11日(水)〜令和元年9月13日(金))◆

9月11日(水)〜9月13日(金)の日程で、御所市立御所中学校の生徒さんが職場体験学習で訪問されました。

今回は、外来、薬剤科、リハビリテーション科、病棟、手術室、放射線科、中央検査科、栄養科、地域医療連携室、感染制御室の職場で実際の医療現場を体験していただきました。

なかなか入ることができない現場で、また普段触れることができない医療機器を前にして、生徒さんは終始熱心に学習されていました。

生徒さんからは、「職場体験を通して看護師になりたいと強く思うようになった」、「改めて看護師の道に進みたいと強く思った」、「声掛けしている姿を見て患者さんに信頼してもらえる看護師になりたい」といった感想をいただき、医療現場に対してより一層興味を持っていただいた様子でした。

今回の職場体験学習が生徒さんの将来の夢に少しでもお役に立てることを願っています。


職場体験学習風景1 職場体験学習風景2
職場体験学習風景3 職場体験学習風景4

◆健康フェアを開催しました!(令和元年7月6日(土))◆

済生会御所病院では、毎年病院内で健康フェアを実施していますが、今年も7月6日(土)に開催しました。

体重・身長・血圧といった測定に加えて、骨密度、血管年齢、血糖などの健康測定や、認知症予防や糖尿病予防につなげるための栄養相談会、「立つ」「歩く」という移動機能の状態をみるロコモ度測定を実施しました。来場者の方には、職員による日頃の生活習慣や食事内容についての注意点等の説明に対しても、、熱心に耳を傾けていただきました。また、中山院長による健康相談を実施することで、健康に対する個別の質問にもお応えできる機会を設けました。

当日は、たくさんの方にお越しいただき、また貴重なお時間もいただきありがとうございました。

当院では、地域の皆さまの健康づくりを応援するため、今後も定期的に健康フェアを開催しますので、皆さまもぜひお越しください。


健康フェア風景1 健康フェア風景2
健康フェア風景3 健康フェア風景4

◆BLS(一次救命処置)講習会を開催しました!(令和元年5月18日(土))◆

済生会御所病院では、令和元年5月18日(土)に、BLS講習会を開催しました。

一次救命処置(BLS:Basic Life Support)とは、呼吸が止まり、心臓も動いていないとみられる人の救命へのチャンスを維持するため、特殊な器具や医薬品を用いずに行う救命処置であり、胸骨圧迫と人工呼吸からなる心肺蘇生法、そしてAEDの使用を主な内容としています。いざという時、家族や周りにいる人がすぐに手当を行えば、救命の可能性は高くなります 。

当院では、院内の医療従事者がこれらの講習を受け、日々診療現場へ活かし、地域医療の活性化に向けて邁進しています。


BLS講習会風景1 BLS講習会風景2
BLS講習会風景3 BLS講習会風景4

◆消防訓練を実施しました。(平成31年3月14日(木))◆

済生会御所病院では、平成31年3月14日(木)に消防訓練を実施しました。
今回は、東日本大震災の記録映像DVDの視聴とエアーストレッチャーの使用による避難訓練を実施しました。

今後30年以内に南海トラフ地震が発生する可能性が高いと言われており、奈良県では津波の影響を受けることはないと思われますが、震災発生時の脅威についてDVDを通して見て、医療機関として何ができるのかを考えました。
地震発生直後の様子や被災者のインタビューを見て、忘れてはいけない災害であることを再認識すると同時に、自分たちが何をできるのかを考える良い機会となりました。

その後、災害時に入院患者様やけが人を搬送するツールとして、エアーストレッチャーの使い方を学びました。
地震発生時や停電時にはエレベーターが使用できず、何らかの方法で患者様を安全な場所へ移動させなければなりません。
エアーストレッチャーの使い方について患者様役・搬送役の体験を行い、参加者は真剣な面持ちで訓練に取り組みました。


防火訓練風景1 防火訓練風景2
防火訓練風景3 防火訓練風景4
過去の記事はこちら

ページのトップへ